7411
アメハレの日々のこと
HOME

2016年11月の日記

2016年11月22日(火)
分類:ツール・材料 遠心注型機 MODO
■遠心注型機でシリコン型を固定するのにクランプ板が必要になるんですが、サイズがどの程度必要になるか確認するためCGに起こしてみました。


■直径27cmの円形シリコンを挟むとして…余裕を見て直径30cmの円がすっぽり収まるサイズで計算してみました。締め付けに使うネジの位置も端っこすぎると板が割れたり変形するおそれがあるので、そのへんも考えて…。

こんな感じかな? 板の厚みは24mm。



MODOの計測ツールで測ったところ、切り出すには縦30cm・横34.6cmの板が必要なのが分かりました。


■ついでにCGにマテリアルをつけてレンダリングしたら、なんかそれっぽくなりました。なんとなく製作意欲がわいてきます(笑)。







2016年11月8日(火)
分類:ツール・材料 遠心注型機
■前々からあったらいいな〜と思ってる機材シリーズ。
加圧脱泡機・CNCフライス機・3Dプリンターときて、今回は「遠心注型機」。
遠心力を使ってシリコン型にレジンを流す機械ですよ。

ガレキイベントに参加しだした当初(もう17年も前…/遠い目)から欲しいなあと思ってた機械なんですが、イベント前は毎回ギリギリ〜ズなもんでなかなか製作のタイミングがつかめませんでした。今回は思い切って一念発起!(笑)。


■遠心注型が常圧注型と比べての有利な点は以下の感じ。

・レジンの注入と空気抜きのゲート数を減らせるため成形品がきれい。
・Gによる圧がかかるので型の隅々まで流れやすい。
・一型に入れられるパーツ数が増えるので量産の効率が上がる。

逆に不利な点は

・遠心力による型の歪み=成形品の歪みの発生。
・シリコン型のサイズがどうしても大きくなるため、無駄なスペースがうまれやすい。
・機械の導入に初期コストがかかる。

…などでしょーか。
とはいえ有利不利どちらも失敗や改善策はあるんで、そのへんをうまくコントロール出来れば持っていて損はない機材かと思います。


■まずは遠心注型機を自作するのに必要な材料を書き出してみる。

・電動回転台(刃物研ぎ機を流用)
・回転数コントローラー
・シリコン型をクランプする板✕2枚
・クランプ用の金具(ネジ・ナットなど)
・丸いシリコン型を作るのに必要なろくろ台

以上をざっくり計算して2万円ちょいくらい。


■コスト的に一番大きいのはやっぱり刃物研ぎ機。
ガレキ界でのスタンダード(ニッチだ…)になってる機械はリョービか新興製作所のものなんですが、これって本体成型色と付属品の形が違うだけで基本的に同じもの?だと思われます。

リョービ=https://www.amazon.co.jp/dp/B000BUPRQG/
新興製作所=https://www.amazon.co.jp/dp/B0020FPXPU


ということで、さっそく近場のホームセンターを廻って買ってきました。
お値段税込み8200円。ネットで買うよりだいぶお得でした。
次はクランプ板まわりの設計をせねば!







←10月 2016年11月 12月→
31 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 1 2 3 4
スペースでAND検索
profile
冬音(トーン)
北陸に生存。仕事はフィギュアの原型作り。
ガレキディーラー「雨の日晴の日」やってます。
http://amehare.com/

メールはこちらへどうぞ〜(★を@に変えてください)
tone★amehare.com

最新レス
3M耐水ペーパー
(オメガ時計)09/23 18:40
ワックス到着
(ブランド時計コピー)09/19 10:01
yiynovaの液タブを導入してました
(トーン)03/08 15:36
yiynovaの液タブを導入してました
(atom)03/05 11:40
素体でポーズ付け
(トーン★)06/07 11:56
素体でポーズ付け
(通りすがり)06/06 14:33
素体でポーズ付け
(トーン)05/22 02:12
素体でポーズ付け
(やまもと)05/21 21:54



nik6.34